親戚や近隣の人類、あるいは傍が、危篤だという連絡を受けたら、

可能であれば行ってあげるようにしましょう。

連絡していただいたご家族は、できれば最後に瞬間見てもらいたい、あってもらいたい…、
そんな手強い意思から連絡をしてくれている。
その意思にこたえて見せるようにしましょう。

危篤の連絡を受けるのは、呼出と言うことが多いと思います。
そのときは、詳しい容体を確認するようなことはしません。
またわかり易い見た目を訊くようなこともしません。

入院コーナーを聞いたり、病舎への行き方を聞いたり、責任最低限の要所だけを、確認します。

駆けつけるときの身なりは、普段着で構いません。
ただしケバイものは避けましょう。

己と相談できた後は、長居はしないようにしましょう。
危篤状態ですから、己も疲れてしまいます。
またほかの遺族や身の回りの人様も駆けつけてこられるですから、
表情を見たら、帰るようにしましょう。

また身寄りに、延々と物語を訊くのも避けます。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら

おんなじキリスト教ランクのお葬式であっても、

カトリックのお葬式とプロテスタントのお葬式とでは、また違っています。

勿論おんなじキリスト教部門のお葬式ですから、通じるスポットも多いです。
若干異なるといえるでしょう。

プロテスタントのお葬式では、
亡くなられたやつの遺族や親戚、近親者、そうしたら列席者が入場し着席するという、
お葬式が始まります。

それでは、前奏が始まり、絶賛歌をみなで斉唱決める。
続いてバイブルを朗読し、祈祷決める。
祈祷をしたら、またここで絶賛歌を歌います。

そうして牧師くんが亡くなられたやつの、広報をします。
その人の郷里や育ち、そしてどんなことをした人物なのか、略歴を紹介します。

そしたら説教だ。

説教が終われば、祈祷をします。
そうして更に絶賛歌の斉唱だ。

ここで、弔辞や弔電が読み上げられます。

最後に後奏と呼ばれる熱唱だ。
前奏に対して、後奏が行われます。

最後に遺族の社長者となる人物が、挨拶をして、
みなで亡くなられたやつに献花をし、お葬式は終了だ。家族葬の詳しい情報はこちら